エルタス

From Vilous
Jump to: navigation, search
エルタス人三種族。左からアグドナ、ネウリアの女性、サーガル。

エルタス(Eltus)とは惑星タル内に存在する生物の分類。知的生命体であるエルタス人、植物と動物を含むエルタス植生などをまとめて「エルタス」と呼ぶとこがある。タリクシアン生物とは完全に対になる存在であり、植物は葉緑素を持ち、動物は赤い血を持つなど、地球の生物との共通点が多い。

エルタス人にはサーガルアグドナネウリアが該当する。この三種族が惑星タルにおける人類と言え、各種族は互いを異なる人種として認識し、世界観上では「人間」として扱われる。作中で出る「人」や「人間」という呼称はエルタス人のことを示す。

タルに生息する「エルタス生物」という括りの中で多数を占めるのは三種のエルタス人種で、それ以外の動植物は非常に数が少なく、全エルタス人類の共通認識として保護・研究の対象となっている。

エルタス人

かつてはみな地球人と同様の姿をした一種類の人種だったが、何らかの理由でサーガルアグドナネウリアの三種類の獣人の姿と化す。

各種みな地球人とは大きく異なる文化や精神を持つが、アグドナだけはその中で最も地球人との類似点が多い。(詳細は各項目内で記載)

全エルタス人共通の特徴

現生エルタス人三種の新生児
基本として、サーガルに見られるような同種族内での亜種及びその雑種は多くいるが、種族が異なるエルタス人同士での交配や雑種は出来ない。

「赤い血の者」と称される通りにみな赤い血を持ち、生物としての基本構造は基本的に地球の生物とある程度共通しているが、消化器官についてはタリクシアン系食材を摂取する必要があるため若干の構造および分泌腺や腸内細菌などが異なっている。

産まれたばかりの頃はみんな灰色のふわふわの姿をしている。人間で言う2歳を過ぎると完全に全て生え変わり、本来の色になっていく。

複数種族で暮らしているエルタス人の家族観は人間と異なり、恋愛の対象としてのパートナーと子供を作る相手が異なっても、 社会全体や共同で子供の面倒を見るため、子供のできない異種間カップルが増えても人口が減少することを心配したりはしない。

しかしアグドナに限っては地球人に類似した感情を持つことに起因する文化や精神があるため、サーガルネウリアには無い実子に対する「こだわり」や「出来の良し悪し」といった意識、パートナー以外との性行為を好まない等による問題が起こることもあるそうだが、概ね上手く共生している。

また同種族の異性との性交渉・恋愛と、異種族間におけるそれらは別だと考える者がかなり多い。

原種エルタス人

原種エルタス人
獣人三種族となる前のエルタス人。地球人と大差の無い姿をしていた。

何らかの理由で人間の姿を保てなくなり、後のエルタス三種族となる獣人の姿と化す。

エルタス人の起源に纏わる伝説

ゴールドリングにおける太陽信仰「黄金の輪」内でのエルタス人に纏わる伝説

ビロウス(太陽)の姿見

太陽神が己が姿を確かめるため太古の湖を作り、神の映し身としてはじめの生物が湖から生じた。生物の糞から大地が生じた。全ての水・風・塩が塩湖から生じる。水は深い影のもとに初めからあったので、混じってひとつになる性質をもっている。神の映し身であるはじめのさかなが目を覚ますために海水のしみる痛みを用いた故に人間も傷に塩を塗ると傷むといわれる。塩の痛みによって皮膚が生じ、感触やにおいを感じるようになった。皮膚によって他者が生じた。

人間
 伝説のなかで、元々一種類であったエルタス人の身体はサーガル、アグドナ、ネウリアの三種類に分断された。はるか昔に人が強い力を身につけ他の生き物の棲家を取り上げていったため、全ての命を含むという人の形を失い不完全な姿に身を落としたといわれる。 -さまざまな種類のものによってその身体はつくられていたのです。魚や鳥やけものたちが姿を消し、市場にはほんの数種類しか並ばなくなりました。そういうことでしばらくすると、人々の姿は不思議と魚や鳥やけものに似たものになりました-

サーガルの言い伝えや風習
→身体の魚
-食べられた魚は身体の中で一度とけて今度は手足のほうへ生まれ変わる、それでまた元気に泳ぎ続けるんだから人間は走ったり跳ねたりできるのだ。-
→眠り舟
サーガルの文化では舟を模した寝室やベッドで眠ることが多い。眠りによって心は塩湖の水底へ戻り、太古のビロウスの陽の記憶をきくという。

アグドナの言い伝えや風習
はじめの祖先が土くれから作られたと言い伝えられている。土くれのなかにとがった石があったので、それが頭に硬い角を、手足にひづめを生やした。

ネウリアの言い伝えや風習
若者は成人すると男性は竪琴を女性は弓を作り、女性の羽根切りの儀式では切り取った羽根で矢をつくる。伝統的な演劇は男性のみによって演じられ、成長とともに決まった役を得る。

エルタス植生

専用項目にて解説→エルタス植生
 

エルタス系生物

ゴールドリングのある民家の縁側。籠の中に入っている黒い生物がエルタス系生物の害虫。恐らくカニかエビの仲間。
エルタス星からの起源を持つ生物群。植物同様に地球の生物と類似した外見や生態を持っていると思われる。エルタス植生同様に数は少なく、生存できる場所は限られる。

コルビロウス塩湖で養殖された、これに分類される藻類や魚類は最高の食料と言われる。

一般的にエルタス人にとってエルタス植生同様に保護すべき対象とされ、どのような生態をしているかに関わらず殺すことはよくないとされる。ゴールドリングでは害虫に分類される生物もいるが、このことから駆除することが出来ず、罠にかかった場合は近くの溝などに逃がされるといった処置が取られる。

ページ一覧

ビロウスとは
公式設定の基準について‎‎
二次創作や利用に関する規約

漫画・小説・その他公式作品
本編における史実
登場キャラクター

生物と種族
地理と文化
食物と料理
用語集

グッズ