タリクシアン

From Vilous
Jump to: navigation, search
様々なタリクシアン種の生物
タリクシアン種に分類されるタルの一般的な鳥

タリクシアン(Talyxian)とは、惑星タルに多数生息する奇妙な生物群。多くが無機質と有機質が混在した姿を持つ様々な種類の動植物から成る。ビロウス世界観に存在する生物の分類としてはエルタスとは全く異なる生物群として分類され、完全に対となる存在。

惑星タルで見られる植物の大部分はタリクシアン植生によって占められる。

動物に部類するものの一部は部分的に機械のような外見をしてはいるが、全くもってロボットやサイボーグの類ではない。

このタリクシアンに属する生物種からなる動植物全体及びそのコロニーを示す名称として「タリクシアン植生」という表記の他、「外植生」や「エイリアン・バイオーム」といった表記も用いられる。

※このページでは現在、現行の基準で決定稿となった新設定の情報のみを記載しています。
旧設定や変更前の設定等は「ビロウス 設定面の歴史」項に記載されています。
また、ルーターとストーカーについて、以前掲載されていた暫定版の設定については以下のページをご覧ください。
タリクシアンの設定詳細(暫定)
 

概要

タリクシアン種の植物が生い茂る森林~草原地帯、セケン。赤、紫、白、灰色をした植物が多数確認出来る。
動物の多くは黒~暗灰色の血を持つ。植物の多くは赤や紫、白、灰色、黒などの色を持ち、葉緑素を持たない。

非常に頑丈な身体をしており、エルタス人よりも長寿のものも多い。

定義上では原生生物の内に含まれ、エルタス人よりも古くから惑星タルに存在しているが、発生元などは謎に包まれている。

成長によって性別が変動する種類、一切生殖を行わない種類など、性別の概念や生殖の仕組みなどはエルタス人とは大きく異なる。

ネコ型、イヌ型、ネズミ型、鳥型タリクシアンなど、大凡「タルの〇〇」という紹介で説明が付くほどその種類は多種に及ぶ。

厳密にタリクシアンの一種であると分類しきれない生物も多くおり、タリクシアン生物でありながらエルタス生物に近い性質を示す生物もいる。

タリクシアンと塩

塩分を嫌うため、エルタスの文化圏では有害なタリクシアンからの侵害や襲撃に対し、塩を主な対抗・防衛策として用いる。

タリクシアンと塩分の生態的関係については、実は食塩がタリクシアン系生物の体にとってあまり害にならないにも関わらず忌避する事など、謎が多い。

ひぞみのんぼん

「ひぞみのんぼん」を排泄する瞬間。ビロウス漫画『シーグの暗雲』より。
塩分を摂取したタリクシアン系生物が排泄する物体。「ひぞみのんぼん」に始まり単に「ひぞみ」や「のんぼん」など地方によって様々な呼び名を持つ。

黒くてゴムのような硬質の物体で包まれており、その中心には塩の結晶がある。

人食いを行うタリクシアン生物がエルタス人を捕食した際に、その血液に含まれる塩分を取り除くための仕組みではないかと言われている。非常に長い時間をかけてその個体またはコロニーの外部に塊として排泄する。

高濃度の塩分を持つものを摂取した場合は消化せずに丸ごと包む場合もある。ビロウス漫画第二話『シーグの暗雲』に登場するゲドは、バクーから貰った塩袋のお守りのおかげでこの作用を引き起こすことが出来、消化されないままひぞみのんぼんとして排出され生還した。

エルタス文化圏ではまじないに用いられ、発見した場合はナイフなどを使って内部にある塩の結晶を取り出そうとするのが慣例的。

エルタスとの関係

タリクシアン系生物にはエルタス人を捕食する、危害を加える等人々の生活や命を脅かす種類も多くいるため、脅威として対策される傍ら、食用に狩猟されたり、皮や骨などを生活用品に利用される等エルタスの暮らしにおいても欠かせない存在となっている。

特にエルタス人にとって比較的無害な種類は家畜化され養殖や畜産が行われる他、馬や牛などは乗り物や動力として利用されたり、ハムスターなどは愛玩動物として親しまれたりもする。

なお「タリクシアン・〇〇」という名称はエルタス文化圏においては基本的に専門用語や学名のような扱いで、一般的な口語において各生物を呼称する際にはタリクシアン・ストーカーに対しては「猫」、家畜のタリクシアン・アソシエーターに対しては「犬」(野生種は「狼」)といったように地球における生物に対応する語または比較的シンプルな呼称を用いる。なおタリクシアン・ルーターに対しては「先生」という呼称を使う。

タリクシアン・ルーター

専用項目にて解説→タリクシアン・ルーター

タリクシアン・ストーカー

専用項目にて解説→タリクシアン・ストーカー

タリクシアン・アソシエーター

専用項目にて解説→タリクシアン・アソシエーター

その他のタリクシアン生物

タリクシアン種生物の一種

右図のものはタリクシアン種に該当する生物の一種。

甲殻が薄く、身はやや透き通っていてエビなどに似ている。甲殻はやわらかい樹脂のようで、大きさはストーカーより二回り小さくて細い。

沼地や湖のそばなどに群生し、小型の生物を食べて生きており、体内に大量のバクテリアを共生させている。

環境指標生物でもあり、特定の環境下で毒性を示す。具合が悪くなると腐敗毒(メタンやアンモニアに似た物質)を溜め、赤く膨らんで動かなくなり、手足が皮に挟まって引っ込む。多くはそのまま死んでしまうが、死ぬ際に溶解し毒性を周囲に撒き散らす。

このことから南部での生きたままの飼育が大変難しいとされる生物である。

タリクシアン植生

専用項目にて解説→タリクシアン植生

余談

名前の由来は「Lynx Cat」のアナグラム。
旧タリクシアのデザインから分かるように、当初はネコ科の要素のみを持つ種族だった。
新旧のタリクシアのイラストが同時に発表されていた2009~2011年頃には、「ビロウスの世界ではネコ科の要素を持つ種族は全てタリクシアと呼ばれる」という説明がされていたこともあった。(勿論この頃の設定基準は今は廃止されている。)
 

ページ一覧

ビロウスとは
公式設定の基準について‎‎
二次創作や利用に関する規約

漫画・小説・その他公式作品
本編における史実
登場キャラクター

生物と種族
地理と文化
食物と料理
用語集

グッズ