シーグ

From Vilous
Jump to: navigation, search
シーグ王国設立以降の国旗

シーグ,シーグー(Shigu)とは、タトラ砂漠やアスタナ平原などを含んだ広範囲に及ぶ惑星タル北部の地域。語源はシグ(Sieg)」で、「シーグー(Shigu)」ゴールドリング語での表記及び発音。

かつてはタリクシアン植生の原生林に覆われた未開の地で、原始的な北方サーガルの部族が点在して暮らしている以外にエルタス人類の手はほぼ行き届いておらず、国としての名称なども無かった。

レイン将軍が台頭してからはこの地域全土が統一化され、正式に軍事国家「シーグ王国」として立国。

戦後のシーグ王国崩壊後、「シーグ公国」として復興し、大都市に発展する。

歴史的な変動が非常に大きく、原始的・伝統的な暮らしの時代(大まかに戦前とする)、レイン将軍による統一後から世界大戦開始・終了までのシーグ王国の時代、戦後から近代に至るシーグ公国の時代とで大きく三段階に分けることが出来る。

※このページでは現行基準での決定稿のみを記載しています。旧設定や変更前の情報等は「旧設定・没設定・その他世界観の変更歴」に記載されています。

名称

語源となっているシグ(Sieg)」とは古シーグ語ことシグ語で「サーガル」そのものを示す言葉(サーガルという種族の古代名)であり、同時にシグ語を使う原始的なサーガル達の間で「我々、私」を意味する言葉でもある。

今日における「シーグ(Shigu)」という名称および発音は惑星タルの公用語であるゴールドリング語における表法で、これが正式名として定まったのはシーグ王国としての立国以降。

戦前

北方における伝統的な生活様式

レイン暦16年頃にレイン将軍による北方全土統一が起こるまで、北部の地は国としての区切りは存在せず、全体的に文明化されていなかった。

人が住める場所に集落や村、部族の集まりなどが点在し、人々はタリクシアン植生の原生林やそこに犇めく野生生物と隣り合わせな環境の下、狩りと宗教が中心の原始的な生活を長く続けていた。

部族やクランのタイプによって生活様式は異なるが、大凡みな形式立っており、動物のように毎日同じような生活を繰り返していた。

言葉や文字が全く発達していないことや、国では無いため明確な法や規則などは存在せず、アニミズムに基づく自然信仰に沿い自然界の掟そのものをルールとし、多くの場合暗黙の了解や野生動物のような「言わずともわかる共通認識」で意思疎通する。

住民としては大多数がサーガルであるため、「北方の人」と称した場合はサーガルの前提で扱う。

アグドナは極少数存在していたが、数の少なさや、また彼らと取引できるサーガルが限られていたため、南方や東方と違い大規模な文明的発展を起こすに至っていなかった。

クラン

戦前の北部住民は、主に以下の三種類からなるクラン(集団・部族)に分類される。

修行の証である印鑑を持ち、名前を操る呪術師を中心としたクラン。生物知識に長け、「名づけ」の術を使う事で、瘴気に取り込まれずに正体を解き明かす。

狼の骨を持った勇士を中心とした戦士のクラン。レインのように赤い入れ墨を顔や体に入れ、目立つ装いをし、荒野で巨大な獣を追い、勇敢に集団で戦って打ち倒す。

リーダーや名前を持たない、所属の無いローカル・クランがここに相当する。基本的に、獣や森に対抗する手段を持たない、臆病で弱い人々の集まりである。

言語

言葉の数は非常に少なく、多くの人々は流暢に喋ることが出来ない。

言葉の扱いを最も得意とするのは後述する呪術師のクランだが、それ以外の多くは動物的な鳴き声やボディランゲージ、暗黙の了解などで意思疎通する場合が多い。 言葉による意思疎通は個人の能力に強く依存し、ある程度の会話が可能な者から全く言葉を扱えない者まで落差が非常に大きい。

書き文字に至っては呪術師のクランのみが使える特別な要素として扱われる。 言葉や文字全般を扱う事自体が呪術師にしか行えない、呪術的意味合いを持つ特殊能力のような扱いで、発音のはっきりした人間的な言葉にはそれ自体に特別な力が宿るものと考えられている。

名づけ文化

前述した通り言葉の扱いは使える者が限られた特殊な行いであるため、呪術師による「名づけの術」(後述)が無ければ個人名を持つことすら出来ない。

個人名を持たない者達は外見の特徴や役割からすぐ分かる簡単な渾名のようなもので呼ばれる。例として耳が無ければ「耳欠け」、棒を武器として使うなら「棒持ち」など。

食文化

前述した三種類のクランごとに、食事の内容や食材の質は大きく異なる。

特徴として、北部人種のほとんどが北方サーガルであるため、調理を行わず、素材をそのまま切り取ったものを飲み込む。これは、素早い移動を行うサーガルにとって合理的だが、当然ながら味などを深く噛みしめることには不向き。

シーグ王国時代

漫画第二話『シーグの暗雲』より

レイン暦16年頃、それまで国というものが存在しなかった北部の地をレイン将軍が全体を統一し政治支配を開始、王制と共に立国した軍事国家。

住民

旧来の北方サーガル達や元々北に居た極少数のアグドナに加えて、奴隷として連れて来られた東部の人々も大勢いる。特に技術奴隷としての東部アグドナが多い。

サーガル以外の種族の多くは労働者や奴隷として扱われ、戦闘員には採用されない。技術奴隷の待遇は良いが、農民はいわゆる「農奴」状態で酷い扱いを受けていた。

文化

前述した北部における言葉や文字の少なさ、使える者が極度に限られた状況が残っているため、北部原住民の者はやはり流暢に喋れず、文字を扱う事が出来ないことが多い。

東部から連れてきた奴隷達の影響によって若干言葉の使用率は上がるが、それでも多くの者は『シーグの暗雲』に登場する北方兵士二人組のようにほぼ動物的鳴き声でやり取りする。レインリーリックも最初の段階では言葉を殆ど使えなかった。

呪術師の者達は引き続きシーグ軍内で兵士達に勇気を与え恐怖を振り払う呪術をかけていたとされるが、未熟な呪術師の術だった場合、かけられた者は武装した人や興奮した人々が全て怪物に見えるような幻覚状態にしばしば陥る。『シーグの暗雲』の北方兵士二人組はそのような質の悪い術にかかっていたため、一般市民であるイージェを怪物と見間違えて攻撃、殺害した。

経済

収入の殆どは他の地からの略奪に頼っており、レインは他の領土を奪うことに執着しているため、原生生物を狩猟し生活資源を得るという考えが全く眼中にない。(※余談ではあるが原生生物は不思議とレイン将軍のいる地域を避けて通るらしい)

レインも若い頃は狩猟をしていたが、略奪頼りになってから徐々に行わなくなり、王朝末期になると農奴に無理を言って食糧を作らせていた。

最終的には生活資源などは軍事関係に集中し過ぎて収入の全てが略奪に依存し、制圧する場所が無くなって内政崩壊する。

軍事や技術

統制されたシーグ軍隊の立ち並び。 ※フルサイズはビロウス画集第一弾で見れます。

シーグ王国にいるサーガル以外の種族は労働者扱いが殆どであるため、戦闘員はサーガルに限られる。(もしネウリアが戦闘員に含まれていたらゴールドリング侵略は成功していた)

それまで東部で流通していた技術の略奪や、連れてきた技術奴隷達に専門的な研究をさせたため、軍事技術に関してのみ局所的に異様なほど発展を遂げた。

特に技術奴隷としての東部アグドナの職人達によって東部サーガル鎧を徹底的に改良し、純戦闘用の鎧を作り上げたものが「サーガル鎧」の完成形として一般的によく知られるようになる。

アグドナの他は、一部の生物研究家サーガルも宮仕えの学者として徴用される。

軍には親衛隊が存在し、隊長は参謀の「カッド」と突撃隊長の「リーリック」。

戦争による興亡

戦争開始時、まず東部のレオノを制圧し、その後軍を二手に分けて北西部ベトラ地方ゴールドリングを攻める。

北西部は大規模な略奪と虐殺に遭い西方サーガルはほぼ全滅し、北西部の文化は壊滅する。

ゴールドリングへの第一回遠征は制圧したレオノの地を足掛かりとして行われるが、GR自警団側が水路や入り組んだ建物、高台など地の利を生かした抵抗を行い、失敗に終わる。またゴールドリングをめぐる戦いの渦中でリーリックが戦死する。

その後ゴールドリング遠征は10年に渡って行われるがすべて失敗に終わる。

シーグだけではなく、流通網が徹底的に破壊されるため、ゴールドリングも打撃を受け、生物資源が高騰し、生きる力を失った人々が原生生物に喰われる、野垂れ死にするなどで、タル全土が疲弊し全人口の3分の2が失われる。北部・東部・西部の人口減少が特に著しい。

シーグ王朝末期から崩壊後にかけては、伝統的な生活に回帰していく者、レオノを再建しようとする者、ゴールドリングに移住する者に分かれる。

戦争終結後しばらくしてシーグ王国は「シーグ公国」として復興し発展する。これはサーガルが基本的に恨みを強く持たない性質のため、かつてシーグ軍であった者達にも快く協力を差し伸べたためである。

シーグ公国時代

大戦後のシーグ公国の市場

レイン暦40年頃の世界大戦終結後、再建・復興してからのシーグ。

戦中に積み重ねた軍事技術の高さがテクノロジーの礎として大いに活かされ、復興に協力したレオノの人々の力もあってゴールドリングに次ぐ大都市へ発展する。

近代にかけては「南のゴールドリング、北のシーグ公国」と言える形でタルの二大都市として繁栄する。

住民

都市としての文明的発展やグローバル化に伴い、戦後のゴールドリング同様に様々な種族の人々がいる。

文化

これまで長い間未開の地であった北方の姿とは打って変わって、文明的な技術や娯楽が溢れ、教育制度の普及によって言葉や文字を流暢に扱える人々も多く存在するようになる。


ページ一覧

ビロウスとは
公式設定の基準
二次創作・利用における規約

作品・コンテンツ
正史年表
キャラクター

生物
地理
文化
食材・料理
用語集

グッズ・販売物